読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代で生前整理始めました♪~幸せになるために~

生前整理をして幸せな生活を手に入れるための日常生活の雑記ブログです。

スポンサーリンク

30代で生前整理を始めることを決意した3つの理由。

こんにちは。kuroです。

 

今日は私が生前整理を始めるにあたっての決意を話します。

生前整理と聞くとみなさんどういったイメージを持ちますか?

私の最初の頃のイメージはこうです。

 

  • 70代、80代になってそろそろ人生の終わりを考える時の終活の一貫として行おうかな。
  • 病気が見つかり余命宣告をされ、自分の人生の終わり方を考えないとなと覚悟を決めた時

 

こんな感じで、すべてにおいて、死をイメージした時に生前整理といった言葉をイメージしてきました。

 

では、なぜ、30代の私が今生前整理のことを考えるようになったか、その理由について今回は書いていこうと思います。

 

ちなみに特に病気などで余命宣告をされたから、今回生前整理について考えるようになったわけではありません。

 

私が生前整理を考えるようになった理由

 

まず1つ目は、70代、80代で本当に生前整理を行うことができるのか疑問に思ったのがきっかけです。

考えてみてください。70代、80代といったら確実に今より判断能力は衰えます。そんな中で自分の持ち物の整理をすることができるでしょうか?

体力だって確実に衰えています。

そんな中で、満足いく形で、整理をすることができるでしょうか?

私は、そんな中で整理をする自信はありません。

そうなると、整理をするのは、健康で、体もしっかり動いて判断能力のある今が生前整

理をするのに最適な時だと気づいたから私は、30代で、生前整理をすることを決意した

というわけです。

 

2つ目は、人間いつどうなるかわからないと気づいたことがきっかけです。

25歳で私は出産を機に脳梗塞になりました。若いからまだまだ先は長いとは、限らないんですよね。

いつ病気になるかわからないし、病気にならなかったとしてももしかしたら、交通事故などで亡くなるかもしれません。

今は日本に住んでいる以上日本全国で地震が起きています。どこに住んでいてももしかしたら大きな地震がきて亡くなるかもしれません。

他にも日本でも物騒な世の中なので、特に誰かに恨まれたりしていなくても通り魔によって後ろから刺されて亡くなる可能性だってあるのです。

こういったことを考えていたらきりがなくなってしまうんですが、人間である以上人はいつかは必ず死を迎えるって話なんです。

でもその終わりを迎える時は誰にもわからないわけです。

その終わりを迎えた瞬間いろいろな不要なものが残されたままだったらやっぱり嫌だなって思うんです。

やっぱり自分が使ったものは、しっかり自分で後始末をしてこの世を去りたいって思うんです。だから私は、30代で、生前整理をするんです。

 

 3つ目は今を生きたいと思ったのがきっかけです。

物が多すぎると、それを管理するだけでなんだか疲れませんか?

未来を不安に思い、大量にストックを買うと置く場所もとり、それを管理するだけでなんだか心が疲れてしまいます。過去に使ったものをまだ使うかもと思って残しておくと、それだけでなんだか疲れてしまいます。未来と過去に縛られた生き方はしたくない。だから生前整理をするんです。今を生きる生活は、思っている以上にシンプルな生活なんです。 

 

今を生きるからこそ、もし明日死んでしまったしてもきっと後悔はしない。

 

そんな生き方がしたいから、私は30代で生前整理をすることを決意したわけです。

 

 ランキング参加中ですぽちっと応援お願いします。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ